クリスマスを一人で過ごす女

クリスマス自体を意識するようになったのは、当然のことながら子供の頃です。
「サンタさんに何をお願いするの?」という、余りにもベタな母親の聞き取りからクリスマスは既に始まっているのです。
まんまと乗せられ「赤いハンドバックが欲しいの」と私。
「サンタさんに伝えとくね」母親。
数日後、私「やっぱり白いバックがいいかな~。キツネのマフラーも欲しくなっちゃった。」
母親「サンタさんに伝えておくね。サンタさん連絡付くかなぁ(怒)」
既に買って隠していたと見えます。
確か、最終的に無理矢理、赤いハンドバックに誘導されてしまった記憶があります。
そんなやり取りが数年続いた後に、クラスの中でサンタなんていないんだ論争が巻き起こり、学校帰りもいる。いないで大モメ。
あえなく少女の夢は終わりを告げたのでした。
その後、再び意識をするようになったのは、就職して彼氏が出来てからです。
高校を出て就職し、19歳から付き合い始めました。
一つ年上の彼氏は一人暮らしをしていたせいもあり、お金を殆ど持っていませんでした。
その若さで借金もあったようです。

ファミレス行こうよ。と誘われ店内に着席すると同時に、今日財布持ってないんだ。
と始まります。
そのくせ、私よりも値段が高い食事を注文し、デザートまでしっかり食べるのです。
クリスマスプレゼントは何故か私からの品の方が高額。自分がもらうのはその3分の1位でした。
当時はクリスマスを一人で過ごすということ自体、負け組の烙印を押されてしまったようなものでした。
彼氏もお金は無いけど、性格は良い人だし。まあ、いいかな。と思っていました。
友人達も当然、彼氏と過ごしていました。
それが普通。一人で過ごすなんて有り得ない。私も皆もそう思っていました。
その後、友人たちは順調に愛を育み無事結婚していきました。

私といえば、数年ほど付き合った後別れることになりました。
一人になってからだいぶ経ちます。

クリスマスに仕事だからと言って不満なんぞありません。
残業代出るし。若干人手が足りないけど気にすることではありません。
結局、今年の24日の夕ご飯は、鯖の味噌煮の缶詰とご飯山盛り3杯。トマトジュース、コーヒー。
25日は納豆2パックにご飯山盛り3杯に味噌汁、ポテトチップ。
クリスマスのクの字もありませんでした。
あ、でも、自分にプレゼントは買いました。
一眼レフカメラです。
日にち指定をした覚えがないのに、何故か25日に配達されました。
時間指定もしていないのに夜間配達で届きました。
これにはちょっとびっくりしました。
神様が見ていてくれたのでしょうか?(払うの自分ですけど)
多分、来年もこんな感じでせっせと仕事をしていると思います。
繁忙期ですから、夜遅く帰宅して手頃な食事を済ませるのでしょう。
せめてデザート位はコンビニで買って帰ろうかな。
いや、それ、かなり恥ずかしいでしょ。
見栄を張ってホールケーキを買っても冷蔵庫が小さいから入りきらないのです。
そんな無駄なこと出来ません。

過去の思い出話を書いていたら似たような人がいるのを発見しました。

クリスマス ひとり 女